大晦日の選択

車の中がなんだか臭う。

大晦日の雨まじり高速道路。妻と犬2匹(アルとスン)で東京の実家を目指している最中のことだ。

気のせいかとも思ったが臭いはますます強くなるばかり。

助手席の妻が後部座席を振り返り悲鳴をあげた。

「たいへんアルがウンコしている」

バックミラーで確認すると、荷物室のアルが情けない姿でこちらを見ている。申し訳なさそうな顔をしいるが太々としたウンコはとまらない。

臭い、とても臭い。とても耐えられない。

車をとめてウンコを処理すべきか。

いや、最近高速道路で車の外にでて轢かれる事故のニュースをみたばかりだ。

しかしこの臭いは我慢できない。

究極の選択を迫られた僕は、冬の雨の降る高速道路を次のサービスエリアまで、窓を全開で走った。

寒い。


This entry was posted in 大竹シネヲ日記. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.
Top