リンゴ

リンゴの皮をむくシャリシャリという音が部屋にひびく。

 

「オータンもリンゴひとつどう?」

 

「いや、今はリンゴはいらないや」

 

「あらそう」

 

早朝に着くはずだったインドからの荷物が手違いから届かず、することもなくなった僕と、チャハットレディーのひとりKは、冬の朝日がながく射し込む事務所の部屋で暇を持て余し、とりあえずコーヒーを飲みながらぼんやりしていた。

 

シャリシャリシャリシャリ

 

リンゴのみずみずしい香りが部屋に拡がる。

 

真っ赤なリンゴを四つ切りにし、そのうちのひとつの皮をむきKが一口かぷっと食べる。

 

シャリシャリシャリシャリ

 

Kがふたつ目のリンゴをむいているのをじっと見ていたら、つばが出て来た。

 

むき終えたと思ったら、間髪をいれずぱくっと一口食べてお皿に置き、みっつ目をむき出した。

 

シャリシャリシャリシャリシャリシャリ パクッ

 

みっつ目も一口食べてお皿に置き、よっつ目をむき出す。

 

「あの、やっぱり僕にもリンゴちょうだい」

 

「あ いいよ」

 

Kが差し出そうとしたお皿の上には、一口だけかじられたリンゴ3片並んでいる。

 

「いつもそうやってリンゴを食べるの?」

 

「ううん そういう訳じゃないけど ほら 一人暮らしだから食べ方も自由なんだよね」

 

むきおわった4つ目のリンゴを僕に渡しながら、ちょっと笑いながらKが言った。

 

 

そんなKさんをはじめチャハットレディー(チャハットで働く女性のこと)の皆さんで、日々のチャハットはあなた達のおかげで成り立っています。

一年間ありがとう。

そしてchahatを 愛してくれている皆様本当にありがとうございました。感謝しています。

来年もよろしくお願いします。

こんな時にリンゴの話しもどうかと思いましたが、アップすることにしました。

 

大滝詠一さんのご冥福をお祈りします。

 


This entry was posted in 大竹シネヲ日記. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*

*

Top