母からの電話

病院に母を迎えに行った帰り、母とレストランでお昼を食べた。

「あんた体大きいんだから、パスタなんかじゃお腹がいっぱいにならないんじゃないの?」
それではとハンバーグ定食にした。
「ご飯足りないんじゃないの」
おかわりを注文する。
「ちょっとこれも食べなさい」
自分のドリアを小皿に取り分けてくれた。

母を実家に送り届け、自宅に戻ると電話がかかってきた。
「今日はありがとうね。それよりあんたちょっと食べすぎなんじゃない?いつまでも若くないんだから。痩せなきゃ血圧下がんないわよ。わかったわね」

Respect!!

 


This entry was posted in 大竹シネヲ日記. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.
Top