CALICIO:Travel Report 2019
に参加します。
2019.4.6~4.13

初日はお話会もあるみたいですよ。
ぜひ!!
gallery fu do ki
〒174-0043 東京都板橋区坂下3-8-6


Posted in kamakura, zushi | Leave a comment

大晦日の選択

車の中がなんだか臭う。

大晦日の雨まじり高速道路。妻と犬2匹(アルとスン)で東京の実家を目指している最中のことだ。

気のせいかとも思ったが臭いはますます強くなるばかり。

助手席の妻が後部座席を振り返り悲鳴をあげた。

「たいへんアルがウンコしている」

バックミラーで確認すると、荷物室のアルが情けない姿でこちらを見ている。申し訳なさそうな顔をしいるが太々としたウンコはとまらない。

臭い、とても臭い。とても耐えられない。

車をとめてウンコを処理すべきか。

いや、最近高速道路で車の外にでて轢かれる事故のニュースをみたばかりだ。

しかしこの臭いは我慢できない。

究極の選択を迫られた僕は、冬の雨の降る高速道路を次のサービスエリアまで、窓を全開で走った。

寒い。


Posted in 大竹シネヲ日記 | Leave a comment

a happy new year !! 2018

あの山の向こうになにがあるんだろう
あの鳥はどこに飛んで行くんだろう
僕たちはどこに向かっているんだろうね
そんなこんなでたぶん25周年
2018のchahatもよろしくお願いします!

chahatカマクラは1/2よりubdy展開催します。
chahatズシ、オキナワは次のイベント開催時にオープンします。

Posted in kamakura, naha, zushi, 大竹シネヲ日記 | Leave a comment

ムルティプラ

真夜中のコインパーキングに車を取りに行くと、僕のゴルフの先に懐かしい車が停まっていた。

黒のフィアット ムルティプラ

前3席後席の6人乗り。ナポレオンフィシュのような独特のフォルムが大好きで、まだ小さかった子供達を乗せてあちこちに行った。運転中にシフトレバーが外れる(もう一回させば大丈夫)、ダッシュボードの塗装が溶け出してベトベトする(触らなければ大丈夫)、いろいろ問題はあったけれど、それも含めて大好きだったムルティプラ。

次の車検を通すのに八十万円かかる、それでもまたすぐどこか壊れるかもしれないね。なくなく手放すことを決めた十年目の冬。中古車のオークションに出してもらったりもしたが引き取り手は見つからず、泣く泣く手放したドナドナの夕暮れ。

もう二度と会うことがないと思っていたムルティプラが深夜の駐車場で僕を待っている。いやいやそんな筈はない。たまたま同じ色の車じゃないか。思わず駆け寄って確かめる。ハッチバックのへこみ、バンパーの汚れ、ボディの3つ並んだ傷、間違いない僕のムルティプラ。廃車になったはずのムルティプラ。ドアのくぼみをそっと撫ぜる。なんだかボディも磨かれて、車内も整頓されていて、僕と一緒にいたころよりもずっと綺麗だ。幸せなんだね。

少し離れてゴルフが静かに僕を待っている。こんなに広いコインパーキングなのに停まっているのはムルティプラとゴルフの2台だけ。

「いやそうじゃないんだ。君のことは今でも好きだ。どうしようもなかったんだ。あの時はこうするしかなかったんだ」

街灯が僕らを照らしている。

ごめん、もう行かなくちゃ。

真夜中の駐車場に残されたムルティプラがバックミラーの中で小さくなって行く。
さようなら。
僕を乗せて銀色のゴルフは我が家へと夜の街を走る。

それから黒のムルティプラを街で見かけたことはない。


Posted in 大竹シネヲ日記 | Leave a comment

母からの電話

病院に母を迎えに行った帰り、母とレストランでお昼を食べた。

「あんた体大きいんだから、パスタなんかじゃお腹がいっぱいにならないんじゃないの?」
それではとハンバーグ定食にした。
「ご飯足りないんじゃないの」
おかわりを注文する。
「ちょっとこれも食べなさい」
自分のドリアを小皿に取り分けてくれた。

母を実家に送り届け、自宅に戻ると電話がかかってきた。
「今日はありがとうね。それよりあんたちょっと食べすぎなんじゃない?いつまでも若くないんだから。痩せなきゃ血圧下がんないわよ。わかったわね」

Respect!!

 


Posted in 大竹シネヲ日記 | Leave a comment

FABRIC STORE at OKINAWA

 

FABRIC STORE at OKINAWA
いよいよです!!2ヶ所で開催です。

2017.11.8(wed.) – 11(sat.)
@indigo 読谷村楚辺1119
tel 0988943383

2017.11.13(mon.) -16(thu.)
11:00-17:00(初日は13時より)
Chahat オキナワ
tel0989175058

ラジャスタン地方のブロックプリント(木版プリント)、南インドの手織りの生地を中心にM売りをします。
それ以外にもKhadiのタオルなども沢山持って行くのでお楽しみに!!


Posted in naha | Leave a comment

シキヤリエ cnr by chahat アクセサリー展 @ tisane infusion

台風もなんのその!
月曜日よりtisane infusionさんで展覧会!

——————————————————
シキヤリエ cnr by chahat アクセサリー展 
知らないものを
見てみたい
遠い異国に行ってみたい
india , nepal , thailand , indonesia
旅を続けているうちに出会ったantique beadsでつくったアクセサリーがたくさん並びます。
日時 2017.09.18(月)- 09.24(日)
期間中無休
tisane infusion
461-0005 名古屋市東区東桜1-10-3 7F
Tel&Fax: 052-951-7117
Open: 11:00-18:30


Posted in kamakura, zushi, 未分類 | Leave a comment

オキナワ出張

荷物がなんとなく軽いのは家を出る時からわかっていた。

仕事柄出張が多いので、大体の荷物の量は検討がつくのだが、まあ今回は身体ひとつでいけば良い出張なので、こんなものかもしれないとたかを括っていたこともあったのだろう、あまり気にすることもなく、沖縄に向かう機上の人となった。

驚いたのは翌朝のことだ、寝巻きを着替えようとすると洋服を入れてある袋が妙に小さい。慌てて中を確かめてみると、下半身の着替えしか入っていない。上半身の着替えが一切入っていないのである。どうりで荷物が軽いはずだ。こんなことは、ネパールに上半身の着替えしか持たずに出張行って以来である。

今僕は沖縄に向かう飛行機の中で、数年前のこの出来事を思い出しこのブログを書いています。ハイテクな世の中になったもので上空8000mからでもインターネットが使えるようになりました。年々型落ちの進む僕ですが、水円さんの展示で皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

323 より26日まで、アクセサリー展です。

後日談

今回の出張はさすがに着替えはちゃんと入っていたのだが、そのすべてが半袖半ズボン。前日までの陽気はどこへやら。時ならぬ寒気に襲われた沖縄で、上下の着替えはあるものの、その丈が半分しかないというお話でした。


Posted in 大竹シネヲ日記 | Leave a comment

DM

電話が鳴る。

「夜分遅くに失礼します。郵便局です。お客様がオキナワに送られた荷物ですが、内容物が不明ということで航空便に載せることが出来ないということで、陸送に変更させていただいたと集配センターから連絡がはいりました。ついてはお届けまでに1週間程頂きますのでご了承ください。」

生真面目な口調で局員が告げる。

「いやいや、ちょっと待って下さい、日にち指定してあったでしょう。」

「昨今オキナワ宛の航空貨物は非常に検査が厳しくなっておりまして、内容物がわからないと載せることができないことになっているのです。」

「知っています。もちろん知っていますよ。毎週のように那覇の店に荷物を送っていますから。だから内容物もきちんと送り状に書いたはずですよ。」

「その内容物が分らないということで、陸送にさせていただいたという連絡が入っています。」

「なにが不明物だというのですか?」

「DMですね。DMが何かわからないとので陸送に回したとのことです。」

「DMですよDM。わかるでしょう?明後日のオキナワイベントで配るためのものです。一週間後に届いても意味がないんだ。DMわかりますよね」

「はい。わたくし個人はDMがダイレクトメールだというのはわかるのですが、センターの方の判断なものでまことに申しわけありません。ダイレクトメールと略さずに書いて頂ければよかったのですが。」

申しわけなさそうに局員がこたえる。

「じゃあ聞くけどCDもだめなんですか?」

「いやCDは大丈夫です」

「じゃあDVDはどうなんですか?」

「DVDも大丈夫です」

「CD大丈夫、DVD大丈夫でDMはだめなんですか?」

「DMはだめです。」

天井を見つめる。

「わかりました。一度荷物をこちらに戻してもらえますか。ダイレクトメールと書き直して送り直します。明日送ればまだ間に合うと思うので。」

「申しわけございません。すでに陸送されているということで今どこにあるかは私どもでもわかりかねまして。神奈川と鹿児島の間にあるのは確かなのですが。」

庭で野良猫が鳴いている。

「百歩譲ってDMという表記がダメだとしても、なぜ陸送になるならその時に連絡してくれないのですか?なんのための日にち指定ですか。それがサービスってものでしょう。」

「申しわけありません。なにぶんオキナワ宛の荷物は厳しいもので。」

結局イベントの終わった数日後、DM(ダイレクトメール)はオキナワに届いた。


Posted in 大竹シネヲ日記 | Leave a comment

今日を生きる

四十も後半に差し掛かった頃から夜眠くなるのが随分と早くなった。どうにもたまらず九時前には布団に入ってしまうこともある。昔のように飲み歩くことも滅多にないし、見たいTVもこれといってない。夕餉を終え歯を磨きどれどれと本のページを繰っているうちに、焼酎の酔いも手伝ってかすぐに瞼が重くなり、読み進むこともままならず、そのまま床についてしまう。

ふと、目が覚めると隣室から家族の声が聞こえてくる。
「随分とみな早起きだな」
もそもそと起き出し居間に顔を出すと、まだ0時前だったりする。
「まだ今日なのか」
誰にともなく呟き、用を足すと再び布団にもぐり込む、そんなことも二度や三度ではない。


Posted in 大竹シネヲ日記 | Leave a comment
Top